コストを抑える

霊柩車後部

故人のお骨を収める場所として一般的なのがお墓ですが、最近は納骨堂を選択する方も増えてきております。お墓と違い寺の中にあるため、雨や雪が降っている時でも心配なくお参りすることが出来ますし、納骨堂の方がお墓に比べて費用がかからない点がメリットになります。 基本的には檀家になったお寺の納骨堂を購入することになりますので、昔から付き合いのあるお寺があればそこの納骨堂を利用すれば良いですが、檀家になっているお寺が無い場合には、これからお世話になるお寺を探す所から始めることが必要です。 宗派によって色々と違いがありますが、費用的に負担が少ないのは門徒と呼ばれる宗派になりますので、特にこだわりが無ければ門徒のお寺の中から気に入った所を選択するのがベストです。

人が亡くなるとお墓に入れる、という形が長く続いてきた風習です。しかし、日本の土地は高く、便利でお墓参りがしやすいような土地にお墓を設けることは難しくなっています。また、地方に家のお墓はあっても、もうすでに血縁者が近くに住んでいないため、普段は荒れ果てているお墓も少なくないものです。そのようなお参りにも行けないようなお墓はあまり意味をなさないものです。 そのため、最近は建物内にお骨を安置する納骨堂のニーズが高くなっています。便利な場所に納骨堂があればすぐにお参りができますし、納骨堂であれば草むしりなどの手間も必要ありませんから、亡き人を純粋に悼むことができます。 そのため、このような納骨堂という形が現在大きく伸びを見せているのです。