生前の遺品整理

白い菊

最近になってテレビや雑誌でよく取り上げられている老人の孤独死のニュース、これを他人事だと思える若者はいいのですが、もしも自分もそうなったらと思ってぞっとする人もいらっしゃるかと思います。年齢を重ねるようになって、老人になれば死は遠くにあるものではなく身近なものになっていて、いつ何が起こるかは誰にもわからないのです。最も天災や事故で若くても亡くなる方はいるでしょうが、それでも老齢に入ってくる人の確率はより高くなって、もしもの時を考えておかなければいけなくなるのです。 そしてしておくべきことがあって、ひとつが身辺整理というか、自分が亡くなった後に起こるだろう遺品整理の準備を少しでもしておいた方がよいのです。

遺品整理、そもそも遺品とは何かといえばその人が亡くなって遺したもので、これに関しては財産的な価値がないものも含まれてしまい、他人が勝手に手を付けることは許されないのです。そのために身寄りのない一人暮らしの方が亡くなった場合、大家などが勝手に触ることが許されず、なかなか大変な思いをさせられてしまうのです。そのために生きているうちに遺品整理の準備をしておくべきで、頼れる家族や親族、友人がいない場合は専門の業者がいますので、そちらに頼むといいです。確かに少しばかり料金はかかりますが、死後にお金は持っていけませんし、遺品整理で他人に迷惑をかけないためにもしておいた方がいいのです。 死は身近なもの、なるべく迷惑をかけないようにするのがいいのです。