埋葬場所の違い

手を合わせる男性

お墓を建てる時に、まずはそれを建てる場所である墓地・霊園を選びます。 墓地・霊園には、公営と民営、寺院境内の3種類があり、それぞれ特徴が違います。 公営は、文字通り都道府県もしくは市町村が経営し管理しているもので、宗教・宗派を問わず、墓石の石材も自分で選んだ店に頼むことができ、永代使用料や管理費が比較的安価となっていることから人気ですが、ただし募集が少なく入手が困難です。 また空きがあっても新規はほとんどなく、過去誰かの墓地だった所となります。 民営は、宗教法人・公益法人が経営し管理しているもので、販売数が多くほとんどが新規に開発された場所であり、宗教・宗派を問わず生前に墓を建てることも可能です。 民営のため、石材店が指定で諸費用もやや高めですが、その分管理は行き届いているところが多いとされています。 寺院境内は、境内にお墓を建てるという昔ながらの形態の墓地・霊園で、基本的にその寺院の檀家や信徒であることが第一です。 こちらは当然宗教・宗派はそのお寺に準じ、代々手厚く祀ってもらえます。 古くからその土地にあるところが多いため、参りやすいですが諸費用は高めとなっています。

お墓を建てるにあたってかかる費用は全国平均で約200万円前後とされていますが、墓地・霊園は種類や地域により、また墓石の種類や敷地の広さなどによって価格が大きく変わります。 いずれにしろ、相当に必要なことは覚悟しなけれなならないでしょう。 しかし、狭い日本では墓地・霊園を確保することがこれからまずます難しくなることは確実です。 特に、都会ではその土地が少なく、高騰の一途をたどっているとされています。 そんな都市部では、ここ最近納骨堂タイプのお墓が注目されてきています。 納骨堂タイプには、個別のロッカー式と中央の塔等に合祀するものがあり、従来のお墓に比べて安価であり管理もより行き届いていることから、子供のいない夫婦や家族の少ない人に特に人気です。