笑顔の老夫婦

事前に葬儀相談

別れは突然やってくるものです。悲しみに暮れる間もなく、葬儀の段取りの進行に追われるようなこともよくあります。大事な別れの時に慌てないためにも、事前に葬儀の段取りを相談しておくことが大切です。

この記事の続きを読む

白い菊

生前の遺品整理

人間の死は突然やってくるものであり、簡単に予見できるものではありません。自分がなくなった際、遺品のことで他人に迷惑をかけないために、多くの方が生前から遺品整理を行っています。

この記事の続きを読む

喪服を着た女性

火葬場需要の増加

高齢化社会と呼ばれる昨今、火葬場の需要も以前より増しています。そのため、運が悪い場合だと火葬場が埋まってしまい、スムーズに葬儀が行なえない場合があります。ですので、生前のうちから葬儀会社に相談しておくことが大切です。

この記事の続きを読む

遺骨箱
霊柩車後部

コストを抑える

納骨堂は一般的なお墓と比べて低価格で利用することができます。室内のため季節に関係なく快適に利用することができ、墓石が必要になることはありません。そのため、コストを抑えることができるのです。

この記事の続きを読む

手を合わせる男性

埋葬場所の違い

故人を埋葬する際には、墓地や霊園と契約する方が多いです。墓地や霊園の多くは、比較的足を運びやすい場所に存在しているからです。 墓地や霊園には公営や民営の違いがあり、それぞれで値段が異なるため注意が必要です。

この記事の続きを読む

葬儀の流れを知る

白と茶の数珠

ふんわりルームブラ口コミ・効果徹底調査サイト

着用するだけでバストアップできると好評なふんわりルームブラの情報を大公開!育乳ブラの購入を検討しているなら必見ですよ。

私の父親は今から約4年前に前立腺がんで亡くなりました。その時の葬儀についてお話します。それは忘れもしない年末の12月30日に父親は入院先の病院で息を引き取りました。それまで約3年に渡り前立腺がんの治療を行って来ましたが、治療の甲斐もなく亡くなってしまいました。父親は生前前立腺がんが発症してから遺言書を作成していました。その遺言書には葬儀のことについて父なりの思いが書かれていました。お通夜は身内だけの親族葬で行い、葬儀告別式は父親の生まれ故郷であります長野で行うように遺言書には書かれていました。私たち残されました家族はこの父親の遺言書に基づいて葬儀を行うことにしました。まずお通夜は母親と私の家族と姉の家族だけの親族葬で行いました。

このようにお通夜は父親の遺言書を通り親族だけの親族葬で行いました。そして葬儀告別式も父親の遺言書通り生まれ故郷の長野で行うことにしました。葬儀告別式は年明けの冬の寒い時期の1月にお墓のありましたお寺で行われました。告別式はには父親の親戚関係の方が数多く集まり滞りなく行われることが出来ました。告別式はお寺の境内で行われましたので一応暖房はありましたがとても寒い中行われました。そして告別式が終わりますと親戚関係の方たちとお食事を取りました。葬儀告別式から食事が終わるまで約半日掛かり、親戚関係の方たちを見送ったあとに私たちは自宅のあります埼玉で車で帰りました。このようにして父親の葬儀は無事に終わりました。